ビジネス出張者向け民泊サイト「TripBiz」、3月初旬リリース。事前登録受付中。

グローバル求人サイト「Divergent(ダイバージェント)」を運営するダイバージェント株式会社は2月14日、ビジネス出張者向けの民泊プラットフォーム「TripBiz」のサービスを3月初旬に開始することを公表した

「TripBiz」は日本発のビジネスシーンに特化した民泊プラットフォームである。日系企業のビジネスパーソンと日本のホストをつなぐサービスであり、ビジネスシーンに特化することでゲスト・ホスト双方にとって有益に物件を活用可能だ。初期費用0円で運用できるビジネス民泊であり、利用企業は事前に審査をする。

特徴は、宿泊目的、利用者(ゲスト)の企業を限定する点にある。これにより、宿泊予約時には宿泊を希望している法人の企業情報、宿泊者の氏名、所属部署、宿泊目的をホスト側に知らせることができる。また、利用企業の満足度に比例して、高いリピート利用や長期利用が期待できるため、ホストにWi-Fiやプリンターなどビジネスツールの整備を促す。これにより、企業やゲストの満足度向上を目指す。

一般的な旅行客向けの民泊と比べて、騒音、悪臭、家財破壊、喫煙やペット、乳幼児、その他の申告者以外の連れ込みなど、ハウスルールを違反し、近隣に迷惑を及ぼす行為の発生リスクを大きく軽減できることも魅力だ。

企業向けに、社内の出張による宿泊費をまとめて管理する「出張マネージャー」機能も搭載されている。「宿泊予約」、「支払い」、「出張経費のレポーティング」など、出張手配、管理を行う社内の総務、経理担当者に必要な機能がすべて備えられている。

現在、特設サイトにて事前登録を受付中だ。募集一週間で仮登録が300件あったといい、需要の高さがうかがえる。

【参照リリース】空き部屋を企業の一時社宅としてシェアするビジネス出張者向けの民泊プラットフォーム【TripBiz】サービス開始へ
【サービスサイト】TripBiz

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai