IoT民泊システム「TRIP POD」、フロント業務を自動化するスマートチェックインセンター、福岡市に10月オープン

株式会社インベスターズクラウドは8月17日、子会社である株式会社iVacation(以下:iVacation)がIoT民泊システム「TRIP POD」の構築を推進するため、OTAやサイトコントローラーと連動したスマートチェックイン機を開発したことを公表した。

IoT民泊システム「TRIP POD」は、テクノロジーを活用した民泊運用効率のためのシステムだ。民泊運営業務の全てをIoT視点で再構築することでインバウンドに対応し、運営の効率化とコストダウンに貢献することを目指している。今回はその一環としてスマートチェックイン機を開発し、スマートチェックインセンターをオープンする。

スマートチェックイン機

スマートチェックインセンター第一弾は2017年10月に福岡県福岡市でオープンする。センターの利用により各OTAサイトやサイトコントローラーと連動したチェックインカウンターにて、予約認証・チェックイン・アウトの自動化が可能となる。スマートチェックイン機は日本語、英語、中国語繁体・簡体、韓国語に対応しており、予約完了時に発行したQRコードまたはパスポートをスキャンするだけで予約情報を呼び出し、スムーズなチェックインを実現する。この他、宿泊費の支払いやカードキーの発行などの通常業務もスマートチェックインカウンターで行うことができ、全てのフロント業務を自動で行うことができる。

また、IoTデバイス「TRIP PHONE」をあわせて活用することにより、ゲストは多言語対応のトリップコンシェルジュのチャット対応や、テザリング、翻訳機能、観光音声ガイド機能などのサービスを、一方ホストは旅行者の属性や行動履歴などを収集・可視化するデータエクスチェンジサービスを受けることが可能となる。

iVacationは、福岡市を皮切りに、スマートチェックインセンターの提供を主要都市エリアまで拡大する見通しだ。

【関連ページ】福岡県の民泊・旅館業簡易宿所に関する条例・法律・規制

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)