スイッチエンターテイメント、民泊物件専門の格安物件退去サービス「撤退太郎」提供開始

民泊運用代行サービス「民泊スイッチ」を運営するスイッチエンターテイメント株式会社は2月14日、民泊物件に特化した物件の撤退・退去サービス「撤退太郎」の提供を開始した。

撤退太郎」では、時間の確保が難しい個人ホストや、退去にかかる人員調達の難しい代行業者を対象に、民泊物件の退去を格安、迅速に提供する。

例えば、様々な事情で民泊物件を退去せざるを得なくなってしまった際、大量の粗大ゴミの発生により廃棄物処理業者に依頼する必要が発生し高額な費用がかかるケースがある。また、ホスト自身が退去の作業を行う場合、退去日は休日返上で作業、あるいはゲストの予約のキャンセル対応、その他にも家具家電の搬出作業を自ら行わなければならないなど、煩雑な作業にとらわれることがある。「撤退太郎」はこうした状態を解消するために生まれたサービスだ。

退去予定日の10日前までに発注すれば、退去予定日の前日には物件を入居時と同様の何も物品が置かれていない状態に復帰することができる。また、退去は一日で完了するため、実際の退去日までゲストを宿泊させておくこともでき、退去日当日まで収益を見込める点も魅力だ。

発注依頼は電話一本、またはLINE公式アカウントからの問い合わせで対応しており、ホストは退去にかかる一切の手間をかけることなく、物件の退去を行うことができる。

同社は価格につき、30㎡の物件までは3万円と廃棄物処理業者への依頼と比較して格段に安いとしている。現在、対応エリアは「東京23区近郊、神奈川県北部エリア」となっているが、順次対応エリアを拡大していく予定だ。

【サービスサイト】 民泊の撤退なら「撤退太郎」!!
【参考リリース】格安物件退去サービス「撤退太郎」のサービス提供を開始いたしました。

(MINPAKU.Bizニュース編集部)