iVacationがTATERU bnbに社名変更、IoT民泊運用管理のワンストップサービスを提供

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドの子会社である株式会社iVacation(以下、iVacation)は12月18日、「株式会社TATERU bnb(タテルビーアンドビー)」(以下、TATERU bnb社)へ社名を変更し、アプリでかんたんIoT民泊運用「TATERU bnb」としてサービスを開始することを公表した。

これまでのiVacationでは「IoT×民泊」を推進し、民泊ゲスト向けのIoTデバイス「TRIP PHONE」を活用したサービスを展開してきた。TRIP PHONEは民泊施設から宿泊ゲストに貸し出され、施設周辺のおすすめの飲食店などの紹介や予約、交通機関の案内やタクシーの予約など滞在中のあらゆる要望をトリップ・コンシェルジュが24時間多言語対応し、宿泊ゲストに快適な旅行環境を提供するサービスだ。

TATERU bnbでは「bnb × Technology」をコンセプトに、民泊ホストや事業者へ向け、オンライン上で民泊に最適な土地情報や建物のマッチング、宿泊マーケットのコンサルティング、IoT民泊運用管理のワンストップサービスを提供する。

民泊運用を検討しているユーザーはIoT民泊運用アプリ「TATERU bnb」から会員登録することで、コンサルタントからチャットで物件の提案を受けたり、IoT民泊運用のメリットやデメリットの確認ができるなど、民泊運用に関する疑問点をチャットで相談できるようになる。

また、TATRU bnb社で企画する民泊施設には、TRIP PHONEに加え、4つの方法で解除できる「スマートキー」、宿泊者情報の取得やタブレットでのチェックインが可能な「スマートチェックインパッド」の3つを「bnb kit」として標準装備する。

民泊の建物竣工後は、IoTを活用したチェックインや清掃、宿泊者対応などの管理および運営をTATERU bnb社が一括で担うため、民泊ホストが行う作業は収益の確認のみとなり、民泊運用に関する手間を最大限削減することが可能となった。

TATERU bnbは今後、サービスレベルの向上を図り、国内外の旅行客に安心・安全な宿泊サービス、そして快適な旅行環境を提供すべく、 新たな事業展開を行っていく見通しだ。

【公式サイト】TATERU bnb

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)