民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」、宿泊施設へのレンタル開始。第1弾はまちやど宿泊施設「hanare」に2月下旬より導入。

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドの子会社である株式会社iVacationは、宿泊施設向けに民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」のレンタルを開始することを公表した

「TATERU Phone」は宿泊者が日本を快適に過ごすことができるように開発され、宿泊者にレンタルされるIoTデバイスである。民泊オペレーションに加え、多言語対応のトリップコンシェルジュが、チャットで宿泊者に対応する。より多くの訪日外国人旅行者に利用してもらうことにより、さらなる利便性の向上を図るため、宿泊施設へのレンタルを開始する。

第一弾として、2017年2月下旬より一級建築士事務所HAGI STUDIOが運営する、まちやど宿泊施設「hanare」への導入が決定している。

「hanare」は東京都谷中のネットワーク型宿泊施設である。街全体を一つの大きなホテルに見立てており、例えばホテルのレセプション(受付)は最小文化複合施設「HAGISO」の2F、大浴場は近隣の銭湯を利用、近所の稽古教室や寺での文化体験も可能とするなど。谷中のまちを本当の意味で味わうための宿泊体験を提供している。

iVacationは、「hanare」への導入を皮切りに、今後様々な宿泊施設にて「TATERU Phone」の導入を進めていく見通しだ。

【参照リリース】IoTデバイス「TATERU Phone」宿泊施設向けにレンタル開始 2017年2月下旬より、まちやど宿泊施設「hanare」への導入決定
【関連サイト】hanare
【関連サイト】HAGI STUDIO

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai