TATERU ECOSYSTEM第11弾、ecboと提携し「荷物預かり予約サービス」開始

株式会社iVacation(以下:iVacation)は5月1日、渋谷を中心に都心の人気カフェやレンタサイクルなどの遊休スペースを活用した、“荷物一時預かり”シェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecbo株式会社と提携し、「TRIP PHONE」にて荷物の預かり予約サービスを開始することを公表した

「TRIP PHONE」はiVacationが民泊等を利用する訪日外国人観光客に無料で貸し出すスマートフォンだ。これまで同社が掲げるTATERU ECOSYSTEMにより、宿泊予約、交通予約、スマート民泊といった様々な機能を利用できるようにしてきた。

今回「TRIP PHONE」に追加される「荷物預かり予約サービス」はTATERU ECOSYSTEMの第11弾だ。

「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐ、革新的なシェアリングサービス「ecbo cloak」との提携により、加盟しているカフェ、レンタサイクル、着物レンタル、ネイルサロン、美容院、アパレルショップ、ゲストハウス、コワーキングスペースなどの多種多様なスペースに事前に予約を取り、手荷物を一時的に預けることが可能となる。

tateru-phone-ecbo-cloak

利用者は「TRIP PHONE」端末より「ecbo cloak」上の預けたいお店を検索し、空き状況を確認。預け入れと受け取りの時間、荷物のサイズや個数を選択し予約できる。店舗スタッフは預かった荷物を撮影し、証明メールを発行する。荷物を受け取る際には証明メールで確認することで確実に受け取ることができるシステムだ。決算は受け取り時にオンラインにて行われ、領収書もメールで発行できる。

各所で話題となっているecbo cloakとTRIP PHONEの連携により、訪日外国人の旅の利便性が一層高まることが期待される。

【参照リリース】TATERU ECOSYSTEM 第11弾 荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」の運営を行うecbo(エクボ)社と提携 「TRIP PHONE」にて旅行荷物の預かり予約サービスを開始
【参照リリース】荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」、株式会社インベスターズクラウド子会社iVacationと提携。「TRIP PHONE」にて旅行荷物預かり予約が可能に!

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)