TATERU ECOSYSTEM第10弾、チャプターエイトと提携し「TATERU Phone」で物販サービスが可能に。

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(以下:インベスターズクラウド)の子会社である株式会社iVacationは3月23日、宿泊施設向けの収益化サービスを展開する株式会社チャプターエイト(以下:チャプターエイト)と提携し、「TATERU Phone」にて物販サービスを開始することを公表した

今回のチャプターエイトとの提携はTATERU ECOSYSTEM第10弾として行われる。TATERU ECOSYSTEMは、IoTデバイス「TATERU Phone」を中心に、複数の企業とパートナーシップを組み、技術やサービスを生かしながら協業や分業を行う取り組みである。業界の枠をこえ、訪日外国人のためのイノベーション基盤を構築する。今回提携するチャプターエイトは、宿泊施設向け収益化サービスの運営を行っている。収益化支援サービス「Air Buy&Check」や、訪日観光客向けインバウンドアプリ「LOOK」の運営を手掛けている。

「TATERU Phone」における物販サービスでは、ゲストが商品を購入する際、「TATERU Phone」を使って商品の情報をその場で確認し、そのまま購入・決済することができる。具体的には、ホテルのフロントなどのように常駐スタッフがいない民泊などの宿泊施設に物販スペースを設け、軽食やドリンクなどの購入ができるようになっている。クレジットカード決済となるため、現金のやり取りが発生しないのも便利だ。

今後、訪日外国人旅行客のニーズに合わせ、今後は多様な商品・オプションサービスの提供について検討する見通しであり、ルームサービス等の物販サービスが普及していない民泊等において需要が見込まれることから、今後の動向が注目される。

【参照リリース】TATERU ECOSYSTEM第10弾 宿泊施設向け収益化サービスの運営を行うチャプターエイト社と提携 「TATERU Phone」にて物販サービスを開始

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai