TATERU bnb、予約サイトコントローラ「TEMAIRAZU」と民泊マッチングサイト初の連携。

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドの子会社である株式会社iVacation(以下:iVacation)は3月22日、iVacationが運営する宿泊マッチングプラットフォーム「TATERU bnb」と、比較.com株式会社が開発・提供を行う予約サイトコントローラ「TEMAIRAZU」と連携したことを公表した。

「TEMAIRAZU」は、2002年にリリースした国内宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトの一元管理を行う基本機能と、予約情報の高速取得やイールドマネジメント機能等を備えたASPシステムである。国内外の宿泊予約サイトに掲載している物件情報について、「宿泊予約サイトの複数管理」、「在庫や料金管理」を一括で行う。10年以上に及ぶ実績で宿泊施設のネット予約管理を支えている。

一方、「TATERU bnb」は、登録されている物件の全てが特区民泊の運営、または旅館営業の許可を受けている物件であることが特徴の宿泊マッチングプラットフォームだ。「TATERU bnb」を利用して宿泊予約を行ったゲストに対し、トリップコンシェルジュがチャットでより快適な旅行手配のサポートを行うほか、必要に応じてiVacationが提供する運営代行やサポートを受けることもできる。

国内の民泊マッチングサイトと「TEMAIRAZU」の連携は初となる。今回の提携により、「TATERU bnb」において「TEMAIRAZU」を利用している約3,000件の宿泊施設の中から簡易宿所、旅館、ゲストハウスなどを掲載することが可能となり、こうした宿泊施設の販路が民泊市場にも広がることとなった。

また、連携を記念し、「TEMAIRAZU」を利用している宿泊施設を対象とした特別キャンペーンが2017年3月22日から1年間開催される。「TATERU bnb」に新規掲載を希望する宿泊施設が「TATERU bnb」に申込むと、「TEMAIRAZUシリーズ」のバージョンアッププランの料金が2か月間、特別優遇価格となる。

【参照リリース】国内民泊マッチングサイト初 「TATERU bnb」が予約サイトコントローラ「TEMAIRAZU」と連携 予約可能宿泊施設が大幅に増加
【参照リリース】手間いらず、ゲストとホストをつなぐ宿泊マッチングプラットフォーム 『TATERU bnb』と国内初の連携を開始

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai