新宿駅で鍵の受け渡しを代行する「タビカギ」オープン

電子商取引の仲介を行う株式会社バリュー・クエストは5月10日より、民泊等の鍵の受け渡しを行う代行サービス「タビカギ」を開始したと公表した。

タビカギは、JR新宿駅新南改札から徒歩3分という好立地に店舗を構えている。新バスターミナル「バスタ新宿」や成田エクスプレスを利用する民泊ゲストをターゲットとしている。

サービス内容は、「本人確認」と「鍵の受け渡し」を対面式で行うというもの。直接手渡しすることでセキュリティを強化、特区民泊の滞在者名簿の記載に必要な情報やパスポートのコピー等、本人確認にも対応する。また、荷物の一時預かりも行っており、ゲストのニーズにあったサービスを順次、提供していく見通しだ。

料金は「月額使い放題プラン」が10,800円から、1回利用ごとに支払いをする「ワンタイムプラン」が3,780円、荷物の「一時預かりサービス」は当日中のみで1個1,000円となっている。

民泊における鍵の受け渡しに関しては、様々なサービスが登場しているが、新宿駅で手渡しという、シンプルで確実なサービスは誰にでも分かりやすく、民泊ゲストにも重宝されそうだ。

【参照サイト】タビカギ

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

airhost-banner
minpaku_minshuku_kyokai