民泊管理ツール「m2m Systems (旧:Syn.m2m)」、1か月で流通総額2億円突破。複数プラットフォーム対応へ。

matsuri technologies株式会社(以下:matsuri technologies)は1月31日、同社の運営する民泊管理ツール「m2m Systems (旧:Syn.m2m)」において、1月27日時点で流通総額が2億円を突破したことを公表した。

「m2m Systems (旧:Syn.m2m)」は、Airbnbの複数アカウントをウェブサイト上に登録することで、ゲストからのメッセージを一括返信できるシステムで、昨年12月にリリースされた。より大規模に民泊事業を営むホスト(物件提供者)とゲスト(旅客)とのメッセージのやりとりの効率化を図ることが可能だ。導入先の効果として、150物件保有の東京の代行会社に導入したところ、返信原価を1物件4,000円程度まで抑え、月額約150万円のコストカットに成功したという。

matsuri technologiesは、m2m Systems (旧:Syn.m2m)が月額2億円の捻出に寄与をした背景には、民泊市場の急速な成長があるとしている。東京での民泊物件数は1年で2倍となり、急速な市場の成長による競争が激化している。その中で、多数プラットフォーム対応によるairbnb以外での流通チャネルの活用や、業務コストのカットによる収益性の確保が求められたことがm2m Systems (旧:Syn.m2m)の急速な成長につながったとみている。

m2m Systems (旧:Syn.m2m)は2月末にアップデートを予定している。アップデート内容は「清掃管理」と、agoda、Asia yo、booking.com、homeaway等の「複数プラットフォームサイト対応」だ。待望のairbnb以外の複数プラットフォーム対応で、利用者がさらに増加しそうだ。

【参照リリース】【民泊】【流通総額2億円突破】民泊管理ツール、「syn.m2m」はリリース1ヶ月で流通総額2億円に成長。

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)