スーパーデリバリー、スペースエージェントと業務提携。民泊インテリアを卸価格で仕入れ可能に。

株式会社ラクーンが運営する卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」は1月12日、民泊物件サイト「民泊物件.com」を運営する株式会社スペースエージェント(以下:スペースエージェント)と業務提携したことを公表した。

同提携により、スーパーデリバリーは民泊物件.comへサービスや商品の情報提供を行う。一方、民泊物件.comは、顧客となる民泊事業の運営者に対してスーパーデリバリーのサービス紹介を行うこととなる。

スーパーデリバリーは、商品を卸したいメーカーと仕入れをしたい小売店が取引できる卸・仕入れサイトだ。スーパーデリバリーが物販スペースを持つことにより、メーカーと小売店の取引で発生するコストや手間、リスク等を解消することで効率的な取引が可能となっている。昨年7月から販促目的や備品購入などの用途でも利用可能となり、小売以外の事業者に対しての商品販売も行っている。スーパーデリバリーに出品されている約60万点の商品の中には民泊を行う際に必須となる、家具や寝具、インテリア雑貨や生活雑貨などのラインナップも充実している。同提携において、スペースエージェントの顧客である民泊事業者をサポートすることで、民泊事業者への認知向上と新たな会員の獲得、流通額の増加を見込んでいる。

一方、スペースエージェントの運営する民泊物件サイト「民泊物件.com」は、不動産オーナーならびに管理会社から民泊利用の許可が出ている物件のみを掲載し、民泊事業を運営したい人が手軽に民泊物件情報を探すことができるサービスとなっている。これまで、同サービスを利用する顧客は、民泊物件を探すことはできてもインテリア等は自ら探さなければならなかったが、同サービス内でスーパーデリバリーが紹介されることで、顧客は卸しメーカーから割安で、幅広いラインナップの中からインテリアを選ぶことが可能となる。

また、スーパーデリバリーは「インターネットで簡単仕入」、「掲載商品の1/3以上が翌営業日以内の出荷」、「初回取引から掛け(後払い)可」という特徴的なサービスを行っており、民泊事業者は会費無料で利用可能となっていることから、利用者数の拡大に期待がかかる。

【参照リリース】民泊の部屋づくりのサポートへ! 卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」と「民泊物件.com」を運営するスペースエージェントが業務提携
【サービスページ】店舗・業務用の通販サイト 会費無料モニター募集|卸・仕入れサイト スーパーデリバリー

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)