SQUEEZEのsuitebook、リアルゲイト運営の渋谷の複合施設「PORTAL Apartment & Art POINT」に導入へ

PORTAL Apartment & Art POINT 内観

株式会社SQUEEZE(以下、SQUEEZE)は10月19日、同社が運営する民泊などの短期貸し物件向けクラウドツール「suitebook(スイートブック)」が、株式会社リアルゲイト(以下、リアルゲイト)が運営する複合施設「PORTAL Apartment & Art POINT」のサービスアパートメント運営に導入されたことを公表した。

PORTAL Apartment & Art POINT 外観

「PORTAL Apartment & Art POINT」は2017年11月渋谷区桜丘町にオープンする複合施設だ。11階建のヴィンテージマンションをリノベーションし、オフィス、サービスアパートメント(家具付)、アパートメント(家具無)の3タイプで貸し出す。賃料はオフィスで36万円台から、サービスアパートメントで1カ月32万円台から、アパートメントで16万円台からを予定している。

そして、これらのオフィス、居住スペースの他に、入居者・居住者・オフィスメンバーが利用できる「Work Lounge」、入居者専用の「Meeting room」「Rooftop」、入居者だけでなく誰もが気軽に立ち寄ることができるオープンスペース「Back yard cafe」などがある。

suitebook(スイートブック)

suitebookは予約、契約、入金管理、退去後の確認・清掃手配など工数がかかる作業を管理する機能を備えていることから、「PORTAL Apartment & Art POINT」では物件稼働状況や入居者とのコミュニケーション対応などのサービス提供状況を一元管理するために活用される。

SQUEEZEは、ホテル・民泊・旅館・マンスリーマンション事業者といった宿泊事業に特化し、管理物件の予約や清掃管理のシステム部分を切り出したSaaSモデル型サービスとそれに付随するオプションサービスを提供しており、今後もこうしたサービスアパートメントや宿泊施設等にクラウドツールを提供していく方針だ。また、今回の導入においては、サービスアパートメントを起点としたインバウンド観光客とクリエイターの交流を促進したい考えだ。

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)