SQUEEZE、インフォグラフィックス第二弾「10月末時点の民泊動向」公表

profit_2

民泊・ホテル・旅館に特化したクラウドソーシングサービス「mister suite(ミスタースイート)」を展開する株式会社SQUEEZEは11月22日、第二弾のインフォグラフィックスとなる10月末時点の民泊動向を公表した。

日本での民泊利用者数を国籍別にみると、韓国、中国、アメリカの順に利用者が多く、上位10か国中、アジアの国は6か国であった。

全国の物件数は、5月末時点で35,334件、6月35,974件、7月36,643件と緩やかに伸び続け、10月には37,970件となった。

全国の稼働率は5月が45.4%であったが、その後伸び続け、繁盛期である8月には65%となった。9月には若干さがり、59.1%となったが、10月には盛り返し、61.4%となった。上半期の平均稼働率は約55%である。

大阪では物件数が上半期で約250件増加、上半期の平均稼働率は約60%、最も稼働率が高かったのは7月の66%と8月の63%であった。

東京では物件数が上半期で350件増加した。7月から9月にかけてやや減少する時期があったものの増加傾向にある。上半期の平均稼働率は48%であった。6月~7月の稼働率が50%と切ったものの、8月~10月は軒並み60%を超えている。

民泊の物件数増加については頭打ちしているとも言われているが、実際増加し続けているようだ。今後の動向に注目したい。

【参照リリース】10月末時点の民泊動向 インフォグラフィックス Vol.2

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai