スペースマーケット、都内約30か所の民泊で「ライオン」製品を無料で試せる「ライオンハウス」を期間限定で展開

遊休スペースを1時間単位から貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を運営する株式会社スペースマーケット(以下、スペースマーケット)は6月12日、同社が運営する民泊・宿泊施設の予約プラットフォーム「スペースマーケットSTAY」において、ライオン株式会社(以下、ライオン)とコラボレーションし、スペースマーケットSTAYに登録されている民泊施設を含む約30の宿泊施設において、人気のライオン製品を無料で試せる「ライオンハウス」を期間限定で提供することを発表した。

期間は2018年8月1日から12月31日まで。提供商品はライオンの「リード プチ圧力調理バッグ」「キレイキレイ 薬用泡ハンドソープ」「ソフラン アロマリッチ」など、オーラルケア、ビューティケア、ファブリックケア、リビングケア各分野の製品だ。

スペースマーケットSTAY×ライオン

これまで、スペースマーケットは時間貸しプラットフォームを提供する中で、さまざまな企業とのコラボレーションを行っており、例えば、飲料ブランドとの取り組みでは、多数開催されるパーティーシーンにおいて、ゲスト(借主)の体験価値を向上させたいという思いを大切にしながら、ブランドの世界観の訴求やドリンク提供等を行うなどしてきた。「スペースマーケットSTAY」でも同様の取り組みを行っていく構えだ。なお、スペースマーケットによる民泊・宿泊における他企業とのコラボレーションは初となる。

両社は今回のコラボレーションを通じて、宿泊ゲストがホテルでは体験できない「暮らし」に近い形での快適で楽しい宿泊体験を支援するとともに「民泊」の創造・発展に貢献する見通しだ。

(MINPAKU.Bizニュース編集部)