スペースマーケット、世界三大刃物産地・岐阜県関市と提携。民泊による産業観光推進へ

スペースの時間貸し・宿泊プラットフォームを運営する株式会社スペースマーケットは6月14日、ドイツのゾーリンゲン、イギリスのシェフィールドと並ぶ世界三大刃物産地として有名な岐阜県関市と包括連携協定を締結したと公表した。今後、両者は民泊を活用して同市の産業観光の受け皿を構築していく。

良質な焼刃土と炉に使う松炭、長良川と津保川の良質な水にめぐまれ、室町時代以降は日本一の名刀の産地として繁栄した岐阜県関市は、その卓越した伝統技能が現代にも受け継がれ、今や世界有数の刃物の産地として知られている。また、奈良時代からの伝統的な漁法「小瀬鵜飼」も有名で、毎年長良川の「鵜飼い」には多くの観光客が訪れる。

このように様々な観光資源に恵まれている関市は地理的にも東京・京都のゴールデンルートの中間に位置しており、東海北陸自動車道を利用すれば訪日観光客に人気の飛騨高山や白川郷にもアクセスしやすいという好立地にあることから、観光地としての大きなポテンシャルを秘めている。

一方で、現在市内にあるホテルの客室は100室程度と限られており、宿泊施設数の不足がネックとなっていた。6月15日からの住宅宿泊事業法施行に伴い、今後スペースマーケットは民泊を活用して関市の宿泊施設不足の解消に取り組み、新たな観光インフラの構築を進める予定だ。

岐阜県関市に限らず、民泊は全国各地の空き家問題の解消や地方創生の切り札として注目されている。民泊を通じて観光客と地域住民が交流することで地域の関係人口が増えていけば、リピート客の増加により長期的な地域経済の活性化につながる可能性がある。

今回の提携にあたり、関市長の尾関健治氏は「岐阜県関市は、日本刀鍛錬、小瀬鵜飼及び『日本一の刃物産地』等のポテンシャルが高い観光資源を有しています。スペースマーケットとの連携協定により、民泊・体験型観光が促進され、外国人インバウンド対策や国内旅行者の誘致が一層推進されることを期待しています。また、本協定を契機として、公共及び民間の遊休資産・既存施設の利活用を促すことで、新たな経済需要の創出と地域内経済の好循環を図りたいと考えています。」と語る。

スペースの時間貸しマーケットプレイスとして2014年にサービスを開始以降、お寺や古民家、映画館や離島など約9,000ものユニークなスペースを提供してきたスペースマーケットが、同社の強みを活かしてどのように関市ならではのユニークな宿泊体験を作り出していくのか。今後の展開に注目だ。

(MINPAKU.Bizニュース編集部)