シノケングループ、民泊対応型投資マンションの分譲を開始。

投資用マンション販売を行う株式会社シノケングループ(以下:シノケングループ)は4月4日、民泊対応型、投資用アパートおよび投資用マンションの分譲を開始したことを公表した

シノケングループでは、主に個人投資家向けに通常の投資不動産の運用を提案してきたが、昨今の民泊需要の高まりに伴い、民泊対応型を前提とした投資用物件の分譲を開始する。

まず、民泊対応型マンション第1号として東京都大田区の「ハーモニーレジデンス羽田ウエスト」の分譲を開始する。1室あたりの収容人数は3名から4名。料金は8,000円から12,000円を予定している。

また、アパートにおいても民泊対応型第1号物件の土地の取得が完了している。アパートは大阪市東成区の「ハーモニーテラス森ノ宮」。一室当たりの収容人数は3名~4名であり、料金は8,000円を予定している。民泊営業開始日は9月を目処としている。

今回、大田区にて第1号物件の分譲を開始したことにより、国家戦略特区におけるモデルケースとして、民泊対応型投資用物件への取り組みと販売後の運営・管理を推進していく見通しだ。

また、個人投資家に向け、「通常型」と「民泊対応型」の両方を提案することが可能となった。選択肢が広がることで、土地情報量の増加に伴う投資用アパートの販売棟数およびマンションの販売戸数の増加も見込まれる。

【参照リリース】シノケングループが民泊対応型、投資物件を分譲開始!!

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai