日本初クラウドホテル「SEKAI HOTEL」と民泊総合研究所、共同セミナー開催へ

民泊総合研究所を運営するメタップスグループの株式会社VSbiasは7月7日、「SEKAI HOTEL」を運営するクジラ株式会社と7月19日(火)に東京で共同セミナーを開催することを公表した

共同セミナーは空き家に悩みを抱えている不動産オーナーや不動産投資家を対象とし、リノベーションと旅館業取得による空き家活用についてデータ分析とともに解説する。

実際に、戸建物件の仕入れ・リフォーム・許可申請を行い旅館業として運営を開始した「SEKAI HOTEL」の事例をもとにしたノウハウを紹介することで1棟アパートのリフォームについての疑問や不安を解消する。

「SEKAI HOTEL」は空き家の解決を軸に2017年6月に大阪の此花区西九条地区にオープンした日本初のクラウドホテルだ。従来ホテルが持つ「フロント」「宿泊」「飲食」「物販」「アクティビティ」などの機能を一つの大規模な建物の中に納めるのではなく、点在する空き家を再活用しながら町全体にホテルとしての機能を持たせるという新しい発想に基づいている。

「SEKAI HOTEL」のノウハウで「法律が複雑で合法的に民泊投資をする方法が分からない」「収益性を考えて、どのエリアを狙えばいいか分からない」などの疑問や「購入したとして、運営にかかるコストやトラブルなどが不安」といった悩みを解消していく。

また、日本で唯一の民泊専門シンクタンク「民泊総合研究所」がコンセプト・内装デザイン・設備に関して「人気の物件の特徴」や「人気のエリア」「観光客の特徴」といった様々なデータを紹介する。

このほか「増加を続ける訪日外国人の動向」「宿泊先として人気、供給が不足している狙い目エリア」「旅館業を取得できる物件の見極め方」「宿泊で人気が出る物件リフォームの方法」などを知ることが可能だ。

セミナーは7月19日19:00より、西新宿6丁目の住友不動産新宿オークタワー30階、「株式会社メタップス」会議室にて参加費無料で開催される。空き家を活用して合法民泊をはじめたいと考えている不動産オーナーや不動産投資家の方は参加してみてはいかがだろうか。

【参照リリース】【7月19日】日本初のクラウドホテル「SEKAI HOTEL」と民泊総合研究所が共同で、リノベーション&旅館業取得による空き家活用についてセミナーを開催
【申込みページ】お申し込み

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)