民泊向けドアロック「RemoteLock」の新モデル7i、日本で販売開始。堅牢性と安全性が向上

株式会社構造計画研究所(以下:構造計画研究所)は7月28日、アメリカのLockState社が開発したWi-Fi型ドアロック「RemoteLock」の最新モデル「RemoteLock 7i」を日本国内で初めて販売開始した。

RemoteLockは、2011年にアメリカでリリースされ、世界で21,000件以上の利用実績を誇るWi-Fi接続型の電子錠だ。民泊大手の米国Airbnb社の世界でも数少ないGlobal Partnerとして認定され、Airbnbとの連携機能も兼ね備えている。

最新モデルである「RemoteLock 7i」はドアノブ一体型であり、防火性や防熱性が向上し、オートロック機能がさらに強化された。独自の管理者向けクラウドシステム「LockState Connect」を経由し、遠隔地から複数を一元管理可能だ。

構造計画研究所は、2016年12月より旧モデルである「RemoteLock5i」を販売しており、スマートロックが浸透していない日本において、Wi-Fi接続型、Airbnb連携といった独自の機能でスマートロックの新たな選択肢を提供した。

最新モデルではUL ANSI規格の認証を取得し、これまでの堅牢性に加え火災時の安全性を確保し、これまでの堅牢性に加え火災時の安全性を確保した。このほかにも、カードキー対応のモデルや集合エントランスを対象としたモデルなどさらなるラインナップの拡充を図る見通しだ。

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)