リアルエステートジャパン、大東建託と業務提携。外国人向け不動産市場強化へ

株式会社フジ・メディア・ホールディングス傘下の株式会社リアルエステートジャパン(以下:リアルエステートジャパン)は8月29日、大東建託株式会社(以下:大東建託)と業務提携したことを公表した。

リアルエステートジャパンは外国人向け不動産情報ポータルサイト「realestate.co.jp」を運営しており、同提携により、大東建託が管理する賃貸物件をマルチリンガルで情報配信する。大東建託は賃貸住宅の建築や管理サービスを提供しており、全国で100万戸を超え賃貸建物を管理していることから、外国人に対してこれまで以上に多くの選択肢を提供可能となることが見込まれる。

また、リアルエステートジャパンは在日外国人の不動産事情に関するアンケート調査等を定期的に行って需要や要望などを把握したうえで大東建託に提供し、両社で外国人向け不動産市場の拡大を図る見通しだ。

外国人向けハウジングサービスの提供スキーム

外国人向けハウジングサービスの提供スキーム

リアルエステートジャパンは2015年4月からフジ・メディア・ホールディングスグループに加わり、今年3月下旬には株式会社エクソンと株式会社ネクストアドバイザーズと業務提携し、外国人向け民泊総合支援サービスも開始した。これまでに、外国人向け情報サイトを運営するジープラスメディアやマンション管理事業などを行う伊藤忠アーバンコミュニティ、VR内覧が可能な賃貸物件を保有するミサワホーム不動産など、全国の不動産業者などと提携を進めてきており、今後も外国人入居者の利便性向上を図るため、提携を進めていく見通しだ。

【関連記事】リアルエステートジャパン、外国人向け民泊総合支援開始。エクソン、ネクストアドバイザーズと提携

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)