来日前に民泊のヴァーチャルツアーも可能に。VR撮影・制作サービス「Onepiece Camera VR」11月27日より提供開始

モバイル機器のレンタルを行う株式会社ONE PIECE(以下、ワンピース)が、VR(ヴァーチャルリアリティ)で施設や店舗を詳細に閲覧できるコンテンツの撮影・制作サービス「Onepiece Camera VR」を11月27日(月)より提供している。

「Onepiece Camera VR」は、米・Matterport社の提供する360°3Dコンテンツ制作サービス「Matterport 3D Space」とパノラマ360°を自在に連結するサービスだ。コンテンツの撮影・制作をワンストップで提供する。これまで不可能だった独自のUIデザインやカスタマイズを高い自由度で設計でき、ブラウザ同一画面上でパノラマ360°とマターポート3Dを双方向で移動できる。4K対応の高クオリティVRをブラウザ同一画面上でヴァーチャル・ツアーを体験できる。

Onepiece Camera VR

「Onepiece Camera VR」を活用することで、来日する前に宿泊施設やレストランの様子をヴァーチャルツアーで体験できるようになる。加えて、アピールしたいポイントについては任意で制作した静止画やテキスト、動画など、ポップアップウインドウで詳細かつ高い自由度で公開することが可能であり、これまでの単純な閲覧のみであったVRと比較し、提供できる情報量は飛躍的に増大する。

Onepiece Camera VR

民泊や食堂など規模の小さな施設や店舗も含む幅広い事業者に提供することを見込み、VRコンテンツ開発技術に関する知識を持ち合わせていなくとも、オーダーするだけで撮影から編集・加工までワンストップで行うサービスとして提供する。

ワンピースは本年度内に約1,000件の受注を見込んでおり、利用者からの意見を取り入れながらサービス改善に努めていく見通しだ。

【参照ページ】ホテルコンチネンタル府中 restaurant – Matterport 3D Showcase

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)