沖縄最大のAirbnb運営代行会社One Note、民泊ゲストの案内実績27,000名突破。

Airbnbの運営代行サービスを展開する、株式会社One Note(以下:One Note)は1月20日、民泊利用のゲストの総案内実績数が今年1月までに27,000名を超えたことを公表した。

One Noteでは、魅力ある物件づくりの提案から、Airbnb内のSEO対策、メッセージ対応、英語による外国人ゲストの対応などの運営代行業務を行っている。特に、同社が運営する「Okinawa BnB Reception」は沖縄初の民泊向け受付代行サービスであり、専門の店舗で「宿泊客の本人確認」、「宿泊台帳作成」、「鍵の受け渡し」、「ナビマップ配布」等を行っている。こうした活動を通じて、同社は管理物件数1,000件以上、予約数5,600件以上の実績を積み、民泊運営業者としては沖縄県内最大となった。

沖縄では中国の中間層の間でクルーズ市場が拡大したことを受け、県内に寄港したクルーズ船が2016年、過去最多の387回、前年比77%増となった。都道府県別でみると福岡県の博多港と北九州港の337回を上回り、全国一である。今年も30%ほどの増加が見込まれており、日本の主要観光地の一つとして、引き続き注目を集めそうだ。

One Noteでは、この先のゴールデンウィークや最大の繁忙期である夏場に向けて、体制とシステム強化、運用・管理の効率化を図っていく見通しだ。

【参照リリース】沖縄県内最大のAirbnb運営代行業「One Note」 民泊ゲスト案内実績27,000名を突破!
【参照ページ】沖縄への16年クルーズ船寄港、387回で全国一 今年も30%増見通し

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)