オークウッドアパートメンツ西新宿、2018年夏開業へ。KEY STATIONとオークウッドが連携

株式会社KEY STATION(以下、KEY STATION)は11月17日、同社が不動産投資アドバイザリー事業で手掛けるOAKWOOD PROPERTY MANAGEMENT SERVICE (TOKYO) CO., LTD(以下、オークウッド)が運営する「オークウッドアパートメンツ西新宿」の開業が決定したことを公表した。

オークウッドは、アジアで11か国、19都市で受賞歴のある「オークウッド」ブランドの34物件の開発・運営を手がけている。ゲストのライフスタイルに応じたブランド展開を特徴とし、高級ホテル級の「オークウッドプレミア」や自宅のようにくつろげる「オークウッドレジデンス」のほか、よりシンプルを徹底した「シンプルモダン」など、5つのブランドを提供している。

オークウッドアパートメンツ西新宿

今回、KEY STATIONとオークウッドが連携して運営する「オークウッドアパートメンツ西新宿」は、東京都新宿区西新宿7丁目18番9号に、13階建て、客室数40室で、2018年夏に開業予定だ。

「オークウッドアパートメンツ西新宿」では、来年6月から施行される住宅宿泊事業法を見据え、KEY STATIONシステムの導入を検討しているという。KEY STATIONは今後、同システムを深夜・早朝などのチェックインに対応したシステムとして改良する見通しだ。

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)