観光庁、ICTを活用した動態調査。国や季節ごとに変わる訪日外国人の関心が明らかに。

観光庁は1月20日、訪日外国人旅行者増加の効果をゴールデンルートのみならず広く地方に波及させることを目的とした、ICTを活用した訪日外国人の平成27年度観光動態調査の結果を公表した

観光動態調査は、「ローミングデータ」、「GPSデータ」、「SNSデータ」を活用し、一次分析(主にマクロ的な把握を目的)及び二次分析(主にミクロ的な把握を目的)が行われた。

「ローミングデータ」の調査では、訪日外国人は東京と大阪に集中する傾向が高く、宿泊時間帯ではその傾向が顕著に現れた。さらに、宿泊時間帯の東京と大阪の集積比率は日本人が約16%だったのに対し、訪日外国人は約45%であることが分かった。また、季節別の集積比率をみると、東京都は春の集積比率が比較的高いのに対し、大阪府は夏の集積比率が比較的高かった。

日本人に比べ外国人集積比率が比較的高い観光エリアは、沖縄と北海道である。沖縄は日本人の7.8倍、北海道は4.0倍であった。一方、季節別割合が低いエリアを見ると、冬の割合が低いのは京都府18%、山梨県16%、富山県15%であり、北海道では春が18%に、長野県は春、夏、秋ともに18%に留まった。

「GPSデータ」の調査では、訪日外国人の夏の隣接都道府県間の流動(都道府県間の地上移動)は東京から京都・大阪までのゴールデンルートに集中が見られた。一方、秋になると、同じく東京から京都・大阪までのゴールデンルートに集中が見られたが、近畿地方から中国地方への流動が増加傾向となった。さらに冬は、東京から京都・大阪までのゴールデンルートの他に秋と比較すると北海道地方の流動がやや増加傾向となる。

「SNSデータ」の調査では、訪日における各国・地域の「見る(ランドマーク)」に関するランキングは、東京、大阪、京都といったゴールデンルート上のランドマークに関連する話題が上位を占めた。ゴールデンルート(東京、京都、大阪、奈良、神奈川、愛知、静岡、千葉)を外したランキングでは、比較的、台湾からの訪日客の発言比率が高くなり、「足利フラワーパーク」、「河内藤園(かわちふじえん)」といった個別の観光スポットに関する発言もあった。CNNの選ぶ「日本の最も美しい場所31選」に選ばれ、SNSで拡散したことが要因と見られる。

また、「食べる」関連発言に占める食ジャンルでは、中国はラーメン及び牛肉(ステーキ等)、台湾・韓国はビール及びラーメン、香港とアメリカはラーメン及び寿司が上位であった。各国・地域のランキング上位に位置したのはラーメンや寿司であった。

観光庁はこのような調査において、観光施策の検討に際しての参考となるよう、地方公共団体等に提供し、必要に応じ調査方法などに関する助言等を行っていく方針だ。

【参照ページ】ICTを活用して訪日外国人の観光動態を調査しました

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)