SQUEEZE、Airbnb公式パートナーigloohomeと提携、スマートキーボックス『igloohome』を日本独占販売

民泊・ホテル・旅館に特化したクラウドソーシングサービスMister Suite(ミスタースイート)を展開する株式会社SQUEEZEは、スマートアクセス関連のIoT事業を開発・提供するigloohome Pte Ltd.(以下:igloohome)との間でスマートキーボックス『igloohome』の日本における独占販売契約を締結したことを公表した。

同提携により、日本で初めてスマートキーボックスが提供開始されることとなる。

スマートキーボックス『igloohome』は、シンガポールに本社を置くigloohomeによって開発された世界で初めて暗証番号で解錠可能なBluetooth搭載のキーボックスである。取り外し可能で屋外を含む様々な場所に取り付けることができる。新たな工事は不要だ。ボディは亜鉛合金とアクリルで作られており、完全防水である上、7枚のカードキー、または6個の異なる鍵が入る大容量だ。独自の解読アルゴリズムにより、インターネット接続が不要であり、暗証番号を一時的に発行することができるため、鍵管理の効率化に活用できる。さらにAirbnbの正式パートナーとしてAPI連携していることから、暗証番号情報は直接予約したゲストに送られる等、Airbnb上での管理にも役立つ。

キーボックスと連携したスマートフォンアプリで、遠隔管理が可能だ。シンプルな操作性で暗証番号の発行やBluetoothを利用した解錠が可能。また、解錠や施錠の履歴も全て確認できるため、不正アクセスの心配がない。

中国では不動産業者を中心に500個以上のプレオーダーを獲得し、China Good Design Award 2016にノミネートされているが、今年のAirbnb Open 2016においても販売を開始し、世界各国で展開する見通しだ。

【参照リリース】Airbnb公式パートナーigloohomeとSQUEEZEが日本独占契約締結〜日本初AirbnbとAPI連携したスマートキーボックスの提供を開始〜
【サービスページ】igloohomeスマートキーボックス販売ページ

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)