mister suiteの運用サポート物件の予約件数が24,000件を突破

民泊・ホテル・旅館に特化したクラウドソーシングサービス「mister suite(ミスタースイート)」を展開する株式会社SQUEEZE(以下:SQUEEZE)は1月11日、これまでに運用サポートしている物件の合計予約件数が24,000件を突破したことを公表した。

「mister suite(ミスタースイート)」は、民泊・ホテル・旅館に特化し、運用業務をタスクごとに専業の登録ユーザーとマッチングする効率的なクラウドソーシングサービスで、3つの特徴的なサービスを主軸に展開している。その特徴の1つ目は、複数アカウントからの予約を一元管理し、各月の予約・収益状況や当日のチェックイン数、チェックアウト数が表示される「チャネルマネジメント」。2つ目は国内のプラットフォームを解析した需給予測に基づく収益管理を行う「イールドマネジメント」。3つ目は登録された清掃等のクラウドワーカーと24時間体制で自動マッチングする「プロパティマネジメント」となっている。

昨年12月のクリスマス期間にはmister suite史上最高となるチェックイン数を記録し、1月現在、サポート物件は全国500件以上、24,000件以上の予約、47,000ゲストという対応実績となった。

また、昨年12月からはサポートエリアを拡大し、東京都・大阪府・京都府・北海道・和歌山県・広島県・愛媛県・福岡県・沖縄県で利用可能となったほか、同月より民泊におけるIoTデバイスの検証実験をSQUEEZEの販売するスマートキーロックigloohome等を活用し実施している。今後も様々なイノベーションによって、宿泊施設の運用・管理の効率化を図っていく見通しだ。

【参照リリース】mister suite(ミスタースイート)の運用サポート物件、予約件数24,000件突破のお知らせ
【コーポレートサイト】「mister suite(ミスタースイート)」

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai