スペースエージェント、不動産会社向け「民泊物件.comビジネス」をリリース

民泊可能物件専門の不動産ポータルサイト「民泊物件.com」を運営する株式会社スペースエージェントは4月7日、不動産会社向けの民泊可能物件集客サービス「民泊物件.comビジネス」をリリースした。

「民泊物件.comビジネス」は不動産会社向けに、効率よく有料な民泊事業主を集客できる不動産ポータルサイトだ。民泊可能物件の仲介市場は3月時点で月間1,400件以上の取引が行われるまで成長しており、不動産会社には新たな仲介収入獲得の手段として、家主には早期集客・賃料引上げの手段として注目され、仲介取引への参入が急増している。

一方で、物件オーナーから客付けを依頼されても期待に応えるのはなかなか難しく、ポータルサイトに物件を掲載しても反響が無い場合もあるという。

「民泊物件.comビジネス」の特徴は、民泊物件.comに登録する2,000人以上の会員、18,000人以上の利用者に向けて物件を掲載できる点にある。民泊物件.comでは質の高いサービスを提供する優良な民泊事業主を集めており、掲載物件の問合せ時には年収や自己資金といった与信情報に加えて民泊運用戸数、「Airbnb」「HomeAway」「自在客」など民泊サイトのアカウントIDを閲覧可能だという。また、課金は問い合わせがあった時にのみ発生する成果課金型システムのため、無駄なコストを軽減できる。

民泊物件.comは民泊可能物件に特化した国内唯一の不動産ポータルサイトであり、これから民泊物件の仲介業務を始める企業に加え、不動産会社もターゲットにする狙いだ。

近年問題になっている空室対策として、民泊事業主とのネットワークを築く行程をどこまでサポートしていけるか、今後のサイトの成長に期待がかかる。

【参照リリース】国内初!不動産会社向け民泊可能物件の集客サービス「民泊物件.comビジネス」リリース
【参照ページ】民泊物件.comビジネス

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)