「民泊レンタルWi-Fi」離れていても通信使用料が把握可能となる新機能「Wi-Fi Manager」4月1日開始

民泊関連事業を運営する株式会社Lucci(以下:Lucci)は3月27日、2015年12月より民泊事業者向けに展開している「民泊レンタルWi-Fi」の契約者に対し、新サービス「Wi-Fi Manager」の提供を2017年4月1日より開始することを公表した

Lucciでは、日本で初めてポータブルWi-Fiの通信制限、及び解約違約金の撤廃を実現した「民泊レンタルWi-Fi」のサービス運営を2015年12月より行っている。前泊のゲストが大量の通信を行った場合でも、次のゲストの通信制限を防ぐことができ、民泊ホストのクレーム防止にもつながるサービスとなっている。回線はSoftbankであり、Softbank 4GとSoftbank LTEが利用可能だ。

4月より開始される新サービス「Wi-Fi Manager」は、「民泊レンタルWi-Fi」契約者向けに現在のデータ通信量を遠隔地にて把握することができるシステムである。「民泊レンタルWi-Fi」は、月間のデータ通信量を実質無制限として運営しているが、それでもキャリア判断によりヘビーユーザーとして認定された場合には通信制限が発生する場合がある。このようなケースを事前に把握することによりトラブルを回避できるサービスだ。

使用方法は、「民泊レンタルWi-Fi」の契約者が「Wi-Fi Manager」にアクセスし、使用中の機器の端末番号を入力すると、入力時点から2日前の時点のデータ通信量を表示することができる。時系列・グラフで通信料が確認できるため、通信量が一目でわかるようになっている。これにより、使い過ぎのゲストには注意を促し、また「Wi-Fi Manager」が有料で行っている代替機サービスを利用するなど、先回りして問題の原因を解決することができる。

料金は、Wi-Fiのレンタルが月額4,500円(税抜)。契約後、最短当日に発送される。契約期間の縛りやWi-Fi契約事務手数料4,500円(税抜)と月額費用以外に必要な費用はなく、料金内に保証パックが含まれているため、故障や紛失にも対応する。また、撤退リスクを考慮し、解約違約金を撤廃している。1か月単位の契約が可能で、途中解約による違約金が発生しないようになっており、ユーザーが導入する際に気になる細かい点についても配慮もなされている。今回、Wi-Fi Managerが導入されることにより、より民泊ホストの導入メリットが高まった。

【参照リリース】民泊レンタルWi-Fiに新機能 離れていても使用通信量が分かるサービス「Wi-Fi Manager」提供開始
【サービスサイト】業界最安値!民泊専用Wi-Fiレンタルサービス

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai