『拝啓、民泊様。』放送決定、黒木メイサ&新井浩文W主演の民泊ドラマ

黒木メイサと新井浩文W主演のドラマ『拝啓、民泊様。』が、10月よりMBS、TBSドラマイズム枠で放送されることが9月13日に公表された。

外国人旅行客の増加に伴い需要が増している「民泊」をテーマにしたドラマで、民泊がはじめて認可された国家戦略特区域である大田区の全面協力のもと撮影された。

ある日突然会社をリストラされた新井浩文演じる山下寛太が、黒木メイサ演じる怒らせると怖い嫁・沙織にリストラを言い出せないまま始めた民泊ビジネスによって、様々な問題に直面する模様を描き出す。民泊ビジネスのリアルや、How to要素も交えた内容となっており、ある家族・夫婦を通して日本人の持つ“おもてなし”の心を描くハートフルなオリジナル・ストーリーだ。

さらに、沙織の兄・江南昌平役に中野裕太、昌平に好意を寄せるも相手にされない立川美由役に今野杏南、元旅館経営者でもある寛太の父親役として鈴木正幸の出演が決定している他、韓英恵、村上淳らも登場する。

監督を務めるのは、『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』の谷内田彰久氏。

東京オリンピックに向け、注目の高い“民泊問題”を取り上げているとのことで、ストーリー展開が気になるドラマだ。

【参照ページ】黒木メイサ&新井浩文、“民泊”をテーマにしたホームドラマ『拝啓、民泊様。』でW主演に
【参照ページ】黒木メイサ×新井浩文で“民泊”ドラマ

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai