ジェイピーモバイル、「メトロエンジン株式会社」設立。民泊事業をスピンオフし、民泊事業に特化。

ジェイピーモバイル株式会社(以下:ジェイピーモバイル)は10月31日、民泊関連事業をスピンオフする形でメトロエンジン株式会社を設立したことを12月6日に公表した。

ジェイピーモバイル代表取締役社長を務める田中良介氏がジェイピーモバイルを辞任し、メトロエンジン株式会社の代表に就任する。ルーターレンタル・民泊Wi-Fi事業は、引き続きジェイピーモバイル株式会社よりサービスを提供するという。

メトロエンジン株式会社は、民泊事業に特化し、民泊参入事業者の抱える課題をテクノロジーの活用により解決していく。主な事業内容は、民泊運営WEBツール「民泊ダッシュボード」の提供、民泊専用保険(保険引受会社:三井住友海上火災保険)の提供、騒音センサー「ポイント」の販売、民泊データ分析サービス「エアーディーエヌエー」の提供だ。今後は開発システムのグローバル化を進め、世界中の事業者が活用できるようにしていく見通しだ。

【参照リリース】ジェイピーモバイル株式会社から民泊関連事業のスピンオフにより「メトロエンジン株式会社」が発足しました

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai