メタップス、民泊物件データを検索できる「SPIKEデータ for 民泊」提供開始

株式会社メタップスのグループ会社である株式会社SPIKEペイメントは8月8日、民泊物件データをwebで検索できるサービス「SPIKEデータ for 民泊」の提供開始を公表した。

同社は6月に、ジェイピーモバイル株式会社と連携し、「民泊物件データ解析サービス」の販売を開始した。不動産関連事業者やコンサルティングファームからも問い合わせが多数あり、「SPIKEデータ for 民泊」開設に至ったという。

「SPIKEデータ for 民泊」では、「民泊物件データ解析サービス」より身近に利用できる工夫がなされている。地域や期間を選択し、必要なデータを検索によりピンポイントで取得することができるほか、必要な情報に応じた「無料プラン」、「PROプラン(基本プラン)」、「統計データプラン」の3つのプランが用意されている。

取得したデータは、民泊対象物件の価格設定、収益予測はもちろんのこと、すでに民泊事業に携わっている事業者の現状分析・競合調査・収益改善に役立てることができる。また各種不動産関連事業者様や金融機関、行政機関による市場調査にも活用できる。

「SPIKEデータ for 民泊」の詳細と活用方法については無料セミナーで紹介するという。個人の民泊事業主でもこのようなデータを活用することで民泊運用が堅実なものとなるかもしれない。

【参照リリース】メタップス、民泊物件データ検索サイト 『SPIKEデータ for 民泊』をオープン  ~民泊対象物件の価格設定、 収益予測に使える情報をピンポイントで取得可能に~
【サービスサイト】『SPIKEデータ for 民泊』

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)