マツリテクノロジーズ、金沢市で無料「合法民泊セミナー」を12月11日に開催

民泊運営管理ツール「m2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社(以下、マツリテクノロジーズ)が無料セミナー「合法民泊セミナー」を金沢県金沢市にて12月11日に開催する。

セミナーでは定員を15名に限定し「現状の民泊市場の動きについて」「民泊+短期賃貸の民泊運営方法について」「nimominの無料導入方法について」「個別質問」を無料で行う。

マツリテクノロジーズでは「m2m Systems」のほか、集客支援「nimomin」を運営している。「nimomin」は民泊物件を180日間民泊サイトで利用、残り180日間を短期間賃貸物件として利用できるサービスだ。これを活用すればAirbnbやagoda、AsiaYoなどのOTAサイトだけでなくマンスリー賃貸サイトにも物件を掲載することが可能であり、民泊繁忙期の180日は民泊サービス、閑散期の185日は短期賃貸による貸し出しを実現し、安定した収益を得ることが可能になる。セミナーでは、「nimomin」運用の詳細にも触れる見通しだ。

2018年6月に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されることを受け、現在は各自治体で条例案が検討されている段階だ。その中では、民泊の営業日数を年間180日よりもさらに縮小する傾向もあり「nimomin」のようなサービスを利用した民泊集客だけに限らない運営方法に期待が高まっている。

本件に関する問い合わせは電話(03-5927-1400)かメール(info@matsuri-tech.com)にて受け付けている。

【関連ページ】石川県の民泊・旅館業簡易宿所に関する条例・法律・規制

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)