LIFULL、楽天LIFULL STAY、福井県鯖江市、鯖江商工会議所「空き家の利活用を通じた地域活性化連携協定」締結

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S(ライフル ホームズ)」を運営する株式会社LIFULL(以下、LIFULL)、楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(以下、楽天LIFULL STAY)、福井県鯖江市、鯖江商工会議所は10月16日、鯖江市内の地域経済の活性化を目的として「空き家の利活用を通じた地域活性化連携協定」を締結した。

同協定は、鯖江市における空き家問題の解決に加え、雇用の創出、観光需要の創出に取り組むものだ。まず、空き家に関しての情報をLIFULLが国土交通省の採択事業として進める「LIFULL HOME’S空き家バンク」を通じて集約し全国に発信する。空き家や空き地は、現在各自治体が個別に公開している状態だが、一元化することにより、地域の空き家情報を求めるユーザーが統一されたフォーマットで検索、比較できるようになる。

鯖江市内の空き家については「サテライトオフィス」と「民泊推進」の2点での活用を図る。

まず、サテライトオフィスは、LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL Marketing Partnersの子会社、株式会社SUI Products、株式会社LIFULL FaMの2社が開設する。株式会社SUI Productsは学生や若手社会人を対象としたクリエイター講座を、株式会社LIFULL FaMは子育て中の女性を対象とした働き方やキャリアに関するセミナーを開催し、人材育成・雇用創出につなげていく。

民泊推進については、楽天LIFULL STAYが民泊に関する知見を生かし、空き家を利用した民泊施設のモデルケースを開発する。地域住民を対象とした民泊セミナーを開催し、民泊施設運営のサポートやノウハウを提供する。集客やマーケティングの支援も行い、地域活性化への貢献を目指す。

鯖江市はインフラは充実しているものの、空き家・空き店舗の増加が課題となっていた。現在空き店舗の目立つ鯖江市商店街も、かつては誠照寺の門前町として賑わいをみせていた。市は市民に課題解決へのアイデアを募ったり、福井県の進める「エコグリーンツーリズム」を通じた農家民宿の提供や、空き家の有効活用、移住・定住促進を行うなど、柔軟な姿勢で取り組んできた。新たに民泊を通じて地域活性化を図ることで、課題解決につながることを期待したい。

【参照リリース】鯖江市、鯖江商工会議所、LIFULL、楽天LIFULL STAYの4者で 空き家の利活用を通じた地域活性化連携協定を締結
【参照ページ】市の課題解決にあなたの力を貸してください(オープンガバナンス2016)

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)