九州シェアリングサミット2018、5月12日開催。シェアリングエコノミーによる地方創生を学ぶ

九州シェアリングエコノミー推進協会は、市民向けイベント「九州シェアリングサミット2018」を5月12日(土)開催する。起業家や自治体関係者、学生などを対象としており、来場者はシェアリングエコノミーをとおした地域活性化について学ぶことができる。

当日は、民泊やドライビングシェア等の事業を行っている企業による「企業セミナー」、シェアリングエコノミー業界で活躍するゲストによる「トークセッション」、九州各地で行った「民泊・ドライブシェアの実証実験報告」、「地方課題を、新しい仕組み・テクノロジーで解決する」をテーマにチームでビジネスプランを考案する「市民参加型アイデアソン」が行われる。

参加費は無料、福岡県のFukuoka Growth Next(旧:大名小学校)で10時から17時まで開催される。また、トークセッションやセミナー、アイデアソンは事前に公式ページからの参加申し込みが必要だ。

九州シェアリングサミット2018は、同月開催される「第16回アジア太平洋ITSフォーラム」実行委員の呼びかけにより企画され、内閣府が提唱する「超スマート社会(Society5.0)」を視野にいれ開催されるものだ。

このアジア太平洋ITSフォーラムは、ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)技術やサービスがアジアのモビリティ社会の発展や新しい価値を生み出し進化を継続していくことを目的としたフォーラムだ。日本では22年ぶりに、5月8日(火)から10日(木)まで福岡国際会議場にて開催される。

なお「Society5.0」とは、人類が経た狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く、5番目の新しい社会「超スマート社会」を指す。最新技術の導入によりすべての人やモノがつながり、さまざまな知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことを目指して提唱されている概念だ。

近年、民泊運営においても民泊施設だけでなく、自転車や車、スマートフォン、体験といったさまざまなモノや情報をシェアする取り組みを行う事業者が増えている。超スマート社会の代表的なビジネスモデルである「シェアリングエコノミー」に関する知識を深めることのできる同サミットは、参加者にとって新たな気づきを得るきっかけともなるだろう。

【公式ページ】九州シェアリングサミット2018
【公式ページ】第16回アジア太平洋ITSフォーラム

(MINPAKU.Bizニュース編集部)