神奈川県の黒岩祐治知事、民泊特区の活用に前向きな姿勢

神奈川県の黒岩祐治知事が13日、外国人観光客の受け入れ対策としての「民泊」について「国家戦略特区による民泊は有効性がある。可能な地域から特区の活用を進めていく」との考えを示したと、神奈川新聞が9月14日付けで報じた

特区民泊は今年1月に大田区で、4月に大阪でスタートした。神奈川県も特区民泊導入に向け、県内自治体や各旅館組合と意見交換を重ねてきた。

政府は今月5日、今秋を目処に日数要件を6泊7日から2泊3日に短縮するなど、短期滞在客向けに開放する方針を固めた。これを受け、大阪市は条例改正案を9月議会に提案する意向を示した。他方、京都市は民泊特区を受け入れず、別の形で宿泊施設の拡大を図る方針をとるなど、自治体によって反応は様々だった。

このような状況に黒岩知事は「民泊が広がる状況が整う」とし、「制度の円滑な運営に向け着実に取り組む」と前向きな姿勢を示した。

【参照記事】民泊で「特区の活用進めていく」 神奈川県知事

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

airhost-banner
minpaku_minshuku_kyokai