賃貸・民泊のノウハウや最新情報が集う「日管協フォーラム2016」、11月15日に開催

民泊セミナー受付イメージ

一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会は10月19日、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会による「日管協フォーラム2016」を、11月15日に開催することを公表した。

同フォーラムは、本部に設置された主要委員会が、日頃の研究成果を一同に発表する年次大会である。変動する賃貸住宅業界における「民泊」や「相続」の問題、また重要事項説明のIT化など事例やノウハウ、成果を発表する。昨年は全国各地より1,700名以上の参加者が集った。

同フォーラムでは発表やパネルディスカッション、セミナーなど全26の企画が用意されている。以下、一部を抜粋する。

日本橋くるみ行政書士事務所の行政書士である石井くるみ氏と、株式会社ADDReC代表取締役で一級建築士の福島大我ことぶき氏による「民泊への取り組みを考える。簡易宿所を活用した民泊への営業許可申請実務と取り組み事例発表(仮)」。

ことぶき法律事務所の弁護士である亀井英樹氏による「サブリース事業者が経験した違法民泊の実態とは!? ~法的側面から見る実務対応策~」。

Airbnb Japan株式会社のPublic Policy Managerである山本美香氏による「待ちに待ったあのAirbnbが登場!!”暮らすように旅をするとは” 民泊最前線徹底解説!」。

ことぶき法律事務所の弁護士である塚本智康氏による「民法改正による保証人の設定極度額は?民泊対応?電力自由化? 最新法令改正を完全網羅し、賃貸借契約書にどう書くか、実務の対応を含め徹底解説!!」。

上記のいずれも民泊に関する最新の情報を知ることができる貴重な機会となりそうだ。

同フォーラムの開催日程は11月15日火曜日の11時から17時、受付開始は10時30分からとなっており、会場は明治記念館(東京都港区元赤坂2-2-23)、参加費は会員と会員外の場合で分かれている。費用その他の詳細は「日管協フォーラム2016」のウェブサイトを参照されたい。

【参照リリース】日管協フォーラム2016 11月15日(火)開催
【サービスサイト】日管協フォーラム2016

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai