訪日外客数、7月として過去最高の229万人突破。16市場が過去最高を記録

日本政府観光局(JNTO)は8月17日、2016年7月の訪日外客数が前年同月比19.7%増の229万7,000人で7月としては過去最高となるとともに、単月としても過去最高となったことを公表した。

市場別では、中国と香港が単月として過去最高を記録。加えて、英国、ロシアを除く16市場が7月として過去最高を記録した。

中国は、本年4月から3か月連続で50万人超と好調が続いていたが、単月として初めて70万人を超え、前年同月比26.8%増となる73万1,000人を記録した。

熊本地震の影響が懸念された韓国は、前年同月比30%増の 44万7,000人となった。JNTOは、要因として、熊本地震で運休していた仁川―福岡線の再開や新規路線の就航、旅行会社等によるセール価格での旅行商品の販売やこれと連動した共同広告の展開など訪日プロモーションの実施が奏功したとし、一部の市場で九州方面の団体旅行の販売がふるわないなどの影響は残るものの、好調を取り戻しつつあるとみている。

国は様々なプロモーション活動を通し、訪日需要を後押ししているが、マレーシア、フランスではFacebookを活用していたことも印象的だ。いずれも前年同月比20%を超えており、地道な広告等活動が成果を結びつつあることが伺える。

JNTOの8月の予想は、国際的な政情不安や円高傾向による消費者の旅行動向への影響が心配されるものの、東アジア市場からのクルーズ船の寄港数増加、航空路線の夏季増便などが夏休みシーズン後半の送客拡大に大きく貢献するとしている。

【参照リリース】訪日外客数(2016 年 7 月推計値)

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai