iVacation、福岡市に民泊許可申請。「TATERU Phone」活用の民泊実証実験エリア拡大へ。

trip_4

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドの子会社である株式会社iVacationは12月1日、福岡市の旅館業法施行令等の改正にあわせ、同社運営の物件について「民泊サービス」の旅館業法の許可申請を行ったことを公表した。

同社は民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を活用したスマート民泊の実証実験を行っており、今回の許可申請はエリア拡大を目的としている。

福岡市での実証実験は認定後から2017年3月31日まで博多区美野島の木造アパートにて行われる予定だ。「技術検証」と「運用検証」を主軸とし、具体的には「各種サービスのシステム連携」、「TATERU Phoneのレンタルから返却までの運用」、「TATERU Phoneの訪日外国人客にとっての利便性」、「民泊物件の宿泊予約からチェックイン、チェックアウトのオペレーション」を検証する。

すでに行われている実証実験は、今年9月より大田区にて、特区民泊を活用して開始された。福岡市と同様に2017年3月31日まで行われる予定で、物件が所在するエリアにある「武蔵新田商店会」と協力するなど「TATERU Phone」に搭載されている機能を利用して、地域活性化の促進も行っている。

実証実験では、ゲストに「TATERU Phone」を無料でレンタルし、実際に利用してもらう。「TATERU Phone」には様々な機能が搭載されており、予約ナンバーを入力するだけの「チェックイン、チェックアウト」や、アプリで操作可能な「スマートキー」、多言語で対応可能な「コールセンター」等の他、チャットコンシェルジュや交通予約、イベントチケット予約などがある。これらの機能を活用してもらい、「TATERU Phone」自体について、また、宿泊先で気になったことや物件の感想・意見などを収集する。収集した検証用データをもとに、「TATERU Phone」と民泊物件のアップデートを行い、民泊運営の改善につなげていく狙いだ。

【参照リリース】福岡市への民泊許可申請を完了 民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を活用したスマート民泊の実証実験 エリア拡大!

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai