ヤフーの子会社「一休」、11月1日から民泊予約サイト「一休.com バケーションレンタル」開始

room_3

ヤフーの子会社「一休」が11月1日から、宿泊予約サービス「一休.com バケーションレンタル」を開始することを公表した。

「一休.com バケーションレンタル」は、「一休.com」とは別ドメインで、いわゆる民泊の掲載を開始するという。今後はカテゴリーとして「一休.com」の国内宿泊予約の中に「バケーションレンタル」を追加し、姉妹サイトのような位置づけとする見通しだ。

ヤフーは昨年12月、高級ホテル・旅館と飲食店に限定してネット予約を展開してきた「一休」に対し、株式公開買い付けを実施し、約1,000億円を投じた。今年2月当初は互いに手薄な領域を補完する目的で子会社化したが、4月にカジュアル旅館・リゾート予約サービス「一休.com キラリト」を開始し、6月の旅行関連国際会議「WIT Japan 2016」のセッションにて民泊事業への参入を表明していた。

「一休.com キラリト」では、高級感だけに捕らわれず、独自の視点でこだわりの宿の紹介を行うなど、一休のニッチさに幅を加えながら展開していた。「一休.com バケーションレンタル」では、ホテルや旅館の「サービス」や「本格料理」はなくても、 上質な空間と快適性がある宿泊施設を厳選して紹介する。現行制度に沿った簡易宿所の登録がある施設を中心として取り揃え、「田舎暮らし体験」から「高級別荘ヴィラ」の一棟貸まで、民泊ならではの個性的な約100施設を掲載する。

また、新サイトのオープン記念プランとして、日本全国の宿泊施設から期間限定の割引プランや地元ワイナリーのスパークリングワインが付いた特別プランなどを用意する。

【参照ページ】ヤフー傘下の「一休」、民泊の予約サイトを11月スタート、高級別荘や古民家など100施設を姉妹サイトで
【ティザーサイト】一休.comバケーションレンタル 11月1日(火)サービススタート!

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai