日本初スマートキーボックス「igloohome」に新機種登場。プレオーダー受付開始。

民泊・ホテル・旅館に特化したクラウドソーシングサービス「mister suite(ミスタースイート)」を展開する株式会社SQUEEZE(以下:SQUEEZE)は1月25日、IoT事業を開発・提供するigloohome Pte Ltd.(以下:igloohome)と日本における独占販売契約締結を発表したスマートキーボックス「igloohome」の第二回出荷分のプレオーダーの受付を開始したことを公表した

SQUEEZEは2016年9月に、Airbnb公式パートナーであるigloohomeと日本独占契約を締結した。そして、同年12月にはシンガポールに本社を置くigloohomeによって開発されたスマートキーボックスが日本で初めて提供開始され、初回出荷分は完売した。

スマートキーボックス「igloohome」は、Bluetoothを搭載したスマートキーボックスである。世界で初めてインターネット接続がない状況でも、ランダムに変わる暗証番号で解錠を可能にした。

今回、3月の第2回出荷分販売開始に先立ち、プレオーダーの受付を開始。第2回出荷分は初回出荷分購入者の声を受けてアップデートを実施した新機種となる。

アップデートの内容は「デザイン面」と「機能面」である。「デザイン面」に関しては、より多くの鍵を収納し、より頑丈なキーボックスにするためにデザインを再構築し、様々な形のドアに設置出来るようになった。大きな見た目の変化としては、片開きで使用できるように変更されている。「機能面」では「タイムスタンプ」、「日時指定の限定」、「高性能Bluetoothチップ搭載」が追加された。より高性能となったBluetooth接続時に、タイムスタンプ(日時を指定してキーボックスの解錠・施錠が出来る機能)を使ったアクセス履歴が確認できるように変更された。これにより、いつ、どのコードで操作したかがわかるようになった。加えて、一つのコードの開閉可能期間を日時指定で限定可能となった。

SQUEEZEは今後もigloohomeと連携し、より日本の市場にあったスマートキーボックスを開発していく見通しだ。

【参照リリース】日本初のスマートキーボックスigloohomeの第2回出荷分 プレオーダー受付スタートのお知らせ

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)