百戦錬磨、NTTと共同で「民泊サポートパック」試験提供へ

株式会社百戦錬磨(以下:百戦錬磨)と、西日本電信電話株式会社(以下:NTT)は10月11日、民泊施設オーナー向けに通信環境の構築及び各種宿泊者サポートを実現するトータル支援ソリューションパッケージ「民泊サポートパック」の提供に向けて、共同で試験提供することで合意したことを公表した。

「民泊サポートパック」は、アクセスサービス、Wi-Fiサービス、光BOX+をパッケージ化したサービスだ。百戦錬磨の提供により10月11日より申込を開始し、10月31日より「特区民泊」開始予定の大阪市において試験提供を実施、民泊施設オーナーや宿泊者(ホスト)のニーズ検証を行う。検証結果を踏まえ、年度内を目途にトータル支援ソリューションパッケージサービスの全国提供を目指す見通しだ。

試験提供では、アクセスサービス「ステイジャパン光」、Wi-Fiサービス「STAY JAPAN Wi-Fi」、セットアップボックス「光BOX+」を通じ、部屋のテレビにハウスマニュアルを表示する。ハウスマニュアルの内容は、部屋内の設備に関する説明、宿泊に伴う禁止事項の説明、体調不良等の緊急を要する際の連絡先の紹介、民泊全般に関するお問い合わせ先の紹介等である。検証以降は、これにWEBカメラによるチェックイン・アウト、スマートキー連携、近隣のグルメスポットや人気観光情報の発信、セキュリティーや騒音によるアラーム機能、宿泊者母国のTV映像サービスを追加する予定だという。

NTTはセットトップボックス「光BOX+」のOEMを提供する。「光BOX+」の特徴は、民泊施設オーナーがパソコンから専用webサイトに接続し、TV画面上にユーザーへ届けたい新着情報やサービスコンテンツを独自に作成できる「専用画面作成機能」、Bluetoothのみならず、Wi-SUNやEnOcean等に対応予定の「各種IoTデバイスとの連携機能」、リモコン不要、シニアの声や方言に対応した音声認識・対話機能による「音声認識・対話機能」だ。

サービスラインナップの充実に向けたニーズ検証、課題解決の検討を共同で行い、全国各地の民泊に関する条例整備を踏まえた公認民泊事業のトータル支援ソリューションサービスを目指す。

「民泊サポートパック」の利用料金は民泊登録施設1部屋あたり、戸建ては税抜月額9,800円から、マンションは税抜月額8,800円からとなっている。

民泊事業者と通信大手によるトータル支援ソリューションは、観光誘致や産業振興等の地域活性につながりそうだ。

【参照記事】公認民泊トータル支援ソリューション 「民泊サポートパック」の試験提供について~民泊施設の安心感、利便性向上に向けた試験提供の実施~
【参照ページ】【別紙】「民泊サポートパック」概要イメージとめざす姿

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

airhost-banner
minpaku_minshuku_kyokai