ドイツ発のバケーションレンタルサイト横断検索HomeToGo、新たに21億円を調達

複数のバケーションレンタルサイトを一括で横断検索できるメタサーチのHomeToGoは4月15日、新たにシリーズBラウンドで2000万米ドル(約21億円)の資金調達を行ったと公表した。主な資金引受先は米国ニューヨークに拠点を置くベンチャーキャピタルのInsight Venture Partnersなど。調達資金を活用してグローバル展開とサービス開発を加速させる。

HomeToGoは2014年1月に設立されたドイツのベルリン発のスタートアップ企業で、サービス開始後の2年間で急速にサービスを拡大し、Tripping.comと並んでバケーションレンタル業界のメタサーチとして世界最大級のサービスに成長した。

HomeAway、Flipkey、Housetrip,VRBO、Booking.comなどの大手バケーションレンタルサイトをはじめ、世界200ヶ国、250以上のパートナーのサイトに掲載されている600万件以上の物件を横断検索できるようになっており、即時予約可能な物件数も380万件に達している。現在、ドイツ、フランス、ポーランド、イタリア、スペイン、オーストリア、オランダ、スイス、イギリスの欧州9カ国に加えて米国でもサービスを展開しており、今後、さらにグローバル展開を拡大予定だ。

【参照リリース】HomeToGo, vacation-rental search engine, raises $20 mln Series B funding
【企業サイト】HomeToGo

(MINPAKU.Biz ニュース編集部)

airhost-banner
minpaku_minshuku_kyokai