比較.com「TEMAIRAZU」、Airbnbと国内予約サイトコントローラ初の提携

比較.com株式会社(以下:比較.com)とAirbnbは7月3日、業務提携に関する契約を締結したことを公表した。両社は2017年7月3日より「TEMAIRAZUシリーズ」と世界最大手民泊サイト「Airbnb」との間のシステム開発・連携をスタートする。

「TEMAIRAZUシリーズ」は、業務提携契約に基づき、複数の宿泊予約サイトを一元管理できるASPシステムだ。国内宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトの一元管理を行う基本機能と、予約情報の高速取得やイールドマネジメント機能等を備えており、宿泊施設は、「TEMAIRAZUシリーズ」を利用することで、一括で在庫と料金のコントロールが可能となり、収益を上げ、コスト削減が可能となり、利益の最大化が実現する。

同提携により、旅館、町家、オーベルジュなどの小規模で個性的な宿泊施設は「TEMAIRAZUシリーズ」を経由することで、「Airbnb」へのリスティング掲載が可能となる。同時に「TEMAIRAZUシリーズ」では、国内外の予約サイトとの一元管理が可能であることから、宿泊施設は販路拡大と同時に、稼働率や収益の向上をより効率的に図ることができる。

このほか、「標準機能」の在庫・料金・予約情報の管理に加え、「リスティング管理機能」により施設画像の掲載・変更等が可能となる。「リスティング管理機能」は、Airbnb以外の予約サイトにおける「部屋・プラン管理」に相当するAirbnbならではの機能といえる。

「TEMAIRAZUシリーズ」の宿泊施設が「Airbnbリスティング」に掲載されるためには事前にユニークで小規模であることを示すため、特定の基準を満たす必要がある。宿泊施設情報をAirbnbがレビューしたのちに掲載される。

比較.comはこのほかHANATOUR JAPANが運営する宿泊予約システム「JAPANTOMARU」や株式会社くまもとDMCが運営する宿泊予約サイト「おるとくまもと」との連携も発表しており、株式市場では後場ストップ高まで急伸した。国内予約サイトコントローラで初のAirbnbとの連携であり、期待が高まっている。

【参照リリース】旅館、町家、オーベルジュ予約に向け手間いらず、Airbnbとの連携開始~国内予約サイトコントローラ初のシステム連携~

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)