エボラブルアジア、ANAと認可代理店契約を締結。民泊CtoC活用の旅行販売モデル検討へ

airplane_3

オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(以下:エボラブルアジア)は11月1日、ANAホールディングス株式会社(以下:ANAホールディングス)傘下の全日本空輸株式会社(以下:ANA)と認可代理店契約を締結したことを公表した。

エボラブルアジアは今年5月、ANAホールディングスが100%出資のLCC、バニラ・エア株式会社と国内航空券予約サイトをシステム(API)連携している。同連携により、民泊利用者の交通手段として国内線の最安値プラン「シンプルバニラ」の空席と運賃の表示をリアルタイムで行ってきた。

今回、エボラブルアジアとANAとの認可代理店契約締結により、一層の販売強化が行われる。今回の締結内容は「訪日外国人への販売協力に関する取り組みの検討」、「サービスリリースを予定している民泊CtoCプラットフォームを活用した新たな旅行販売モデルの構築の検討」に加え、「ANAスカイホリデー(国内パッケージツアー)、ANAハローツアー(海外パッケージツアー)の販売協力」となっている。同締結により、民泊利用者に対し「シンプルバニラ」だけではない新たな選択肢を提供することが可能となる。

エボラブルアジアは、業績への影響は契約締結に伴う今後のANAグループとの取り組みの進捗によるとし、現時点における詳細な影響額は算出困難としているが、株式市場では業績への寄与を期待した買いが入り、エボラブルアジア<6191>の株価は大幅反発した。

【参照リリース】全日本空輸との認可代理店契約締結のお知らせ  ~ANAグループとの販売協力の強化~ ~訪日、民泊事業においても提携を視野に検討開始~
【参照リリース】ANAグループのバニラエアとシステム(API)連携開始 ~バニラエアの航空券予約・手配が自動に~ ~第一弾としてシンプルバニラの取り扱い~

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai