電子錠のEPIC、民泊向け後付型オートロック電子錠5種販売

電子錠の販売を手掛ける株式会社エナスピレーションは7月26日、電子錠ブランド「EPIC(エピック)」より、既存のドアを安価にオートロックにできる後付型電子錠「N-TOUCH」、「TOUCH」、「TOUCH HOOK」、「POPscan」、「POPscan HOOK」の5製品の発売開始を公表した。

「EPIC」の電子錠は「オートロック対応」、「ほとんどのドアに取付可能」、「ワンタイム暗証番号対応」、「ミュート機能」、「おやすみ強制ロック」が特徴だ。

「オートロック対応」は、電子錠を取り付けるだけでオートロック対応ドアになるというもの。ドアを閉めると自動的に施錠する機能のためだが、有効にも無効にも設定することが可能だ。

「ほとんどのドアに取付可能」という特徴は、各々対応ドアタイプが違うことから、引き戸のみならず押戸でも使用でき、また、既存の古いドアにも取り付け可能である点が魅力だ。

「ワンタイム暗証番号対応」は、1回のみの開錠が可能な暗証番号に対応している。例えば民泊等に利用する場合、ワンタイム暗証番号を民泊利用者に伝え、部屋内にICカードを置いておけば鍵の受け渡しはワンタイム暗証番号を伝えるだけで済む。

「ミュート機能」は、夜遅くに帰宅した時でもご近所迷惑にならないように一時的に音を鳴らさずに開錠することができ、近隣トラブルの防止に役立つ。

「おやすみ強制ロック」は、室外側からの開錠を一切不可にすることができるというもの。室内の安全を確保できる。

その他、近くに人がいるときでも暗証番号をごまかして入力して開錠できる「暗証番号ごまかし機能」や、泥棒等が無理やりこじ開けようとすると警報が鳴る「不正開錠警報」、室内機が約62℃(±5℃)の温度を検知すると警報を鳴らし自動的に開錠する「火災警報と自動開錠」等、民泊ゲストに想定外のトラブルが起こった際にも安心できる機能が備わっている。

販売にあたっては、一般家庭の「民泊」を視野に入れており、セキュリティーと同時に、民泊利用者への簡単な鍵の受け渡しにも一役買いそうだ。

【参照記事】開き戸にも引き戸にも、既存のドアに設置可能  『EPIC』から後付型オートロック電子錠を5種類発売
【参照ページ】「EPIC」

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)