街カフェで荷物一時預かり。シェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」

ecbo株式会社は、渋谷を中心に都心の人気カフェやレンタサイクルなどの遊休スペースを活用した「荷物一時預かり」シェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を2017年1月18日より開始している。

ecbo cloak(エクボクローク)」は、IoTを利用して「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐ革新的なシェアリングサービスであり、都内の「宇田川カフェ」をはじめとする宇田川カフェグループや「カフェマメヒコ」など100店舗以上が登録している。カフェやゲストハウスなどの荷物預かり所でない場所に預けることができる点で世界初のサービスだ。

契約店は遊休スペースの活用ができ、自店への顧客の誘導やPRにつなげることができる。また、訪日観光客は各地の飲食店やショップなど、従来荷物預かり所ではない場所に荷物を預けることで、その地域のユニークな体験や情報が手に入る。

既存のコインロッカーは、そもそもどこにあるのかがわかりにくい場合や、辿り着いても空きがない、大型の荷物が入らないなどの問題を抱えている。しかし、「ecbo cloak(エクボクローク)」では、Web上でスペースまでの最短距離を地図で表示するほか、リアルタイムで空き状況の確認が可能だ。コインロッカーに入らない90リットル以上の大型スーツケースも預け入れ可能である。

利用者は、旅の道中だけでなく、事前に旅先のスペースを予約することが可能だ。これにより手ぶらで観光を楽しめる。決算は荷物を受け取るときの「あとから決算」であり、利用者にとっても契約店にとっても安心のサービスとなっている。また、ecboスタッフによる24時間体制の「フルサポート」により、何か疑問があれば気軽に問い合わせることができる。料金は、最大辺が45cm以内の大きさに収まる「バッグサイズ」で1日300円。最大辺が45cm以上の「スーツケースサイズ」で1日600円である。

ecbo株式会社は、2017年度内に、京都・大阪をはじめ全国10,000店舗を目指す。またiOS、Androidアプリも順次リリースする見通しで、アプリからワンタッチで荷物の「預ける・取り出す」を可能とする。最速で、その日の内にスタッフが荷物を届ける、より利便性の高いサービスへと展開していく予定だ。

【サービスサイト】ecbo cloak(エクボクローク)
【関連サイト】ecbo | スマホで預けて、スマホで取り出す。かんたん収納アプリ
【関連ページ】東京都渋谷区の民泊・旅館業簡易宿所に関する条例・法律・規制

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)