TSUTAYAを運営するCCC、Airbnbとパートナーシップ契約締結、「日本流のホームシェアリング」の確立と普及へ

Airbnb Japan株式会社(以下:Airbnb)と、TSUTAYA事業を中心としたエンタテインメント事業を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下:CCC)は5月27日、日本でのホームシェアリングサービスの普及と拡大におけるマーケティングについてパートナーシップ契約を締結したと公表した。

Airbnbは「暮らすように旅をする」をコンセプトに、ホームシェアリング・プラットフォームのリーディングカンパニーとして、旅のあり方の変革を目指している。このビジョンに、「新たなライフスタイルを提案する」企画会社であるCCCが共鳴し、パートナーシップ契約締結に至った。

同提携により、CCCが培ってきたマーケティングノウハウを活かした「日本流のホームシェアリング」の確立と普及に向けた新規コンテンツやサービスの開発を行い、全国に多彩なライフスタイルを広めることによって地方経済の活性化を目指すという。

これはAirbnbの登録物件のおよそ4分の3が従来観光地ではないエリアに存在していることに注目したもので、それらの地域への旅行者の増加による経済効果を期待し、宿泊施設が乏しい地域を中心とした登録物件数の拡大に注力する見込みだ。

2016年中の取り組みとして、5月27日より、共同制作した「日本流のホームシェアリング」を啓発するための特設サイトの開設、5月27日より代官山T-SITE、5月31日よりSHIBUYA TSUTAYAで、店舗全体を使ったプロモーションの実施、CCCが有するオンライン・オフラインメディアを活用したマーケティング活動、新規ホスト登録へのTポイント付与キャンペーンなどを予定している。

CCCは蔦屋書店を公立図書館に併設させるなど、枠組みに捕らわれないマーケティングを展開させてきた。今回の提携においても従来の概念を覆す展開がなされるのか。今後に注目したい。

【参照ページ】AirbnbとCCC、“日本流のホームシェアリング”というライフスタイルの提案に関してパートナーシップ契約を締結

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)