民泊データ分析の「BnB Insight」、定額レポート無制限ダウンロードサービスを開始

株式会社ゴーリスト、ハーチ株式会社、株式会社オックスコンサルティングが共同で運営するAirbnb・民泊データ分析サービス「BnB Insight」は2月1日、新たに毎月定額で民泊データ分析レポートを自由に作成・ダウンロードできるサービス「BnB Insight Pro」の提供を開始した。

BnB Insightは、Airbnbの掲載物件データを独自の技術で収集・分析し、民泊物件運用や戦略立案、民泊事業参入に向けた市場リサーチに役立つデータとして提供するサービスだ。2016年3月のサービス開始以降、民泊ホストおよび民泊関連事業者をはじめ、大手不動産会社、大手ホテル・旅館チェーン、大手金融機関、戦略コンサルティング会社、新聞社、地方自治体などから利用されている。

今回リリースされたBnB Insight Proは、BnB Insightが提供してきた「地域別レポート」や「収益シミュレーションレポート」、「競合分析レポート」などの民泊データ分析レポートを継続的に購入しているユーザーから、これらのレポートを自由にダウンロードできるツールを提供して欲しいという要望を受け、開発に至った。

以下、BnB Insight Proでダウンロード可能なレポートの詳細を示す。

BnB Insight Proでは、月額定額で「収益予測/競合分析レポート」、「エリア分析レポート」、「地域別レポート」の3種類のレポートを自由に作成・ダウンロード可能となった。また、無料で利用可能なフリープランでも「収益予測/競合分析レポート」を毎月3件まで作成・ダウンロードすることができるようになった。

まず、収益予測/競合分析レポートについては、物件の住所や部屋タイプ、最大収容人数など簡単な情報を入力するだけで、該当物件の周辺エリア(半径指定も可能)にある同条件のAirbnbリスティング物件の稼働率や想定売上、価格戦略、売上上位リストなどがまとまった競合分析レポート、およびその競合物件のデータに基づく18ヶ月間の収益シミュレーションレポートをダウンロード可能だ。収益シミュレーションは運用代行会社の利用有無や初期費用、物件の月額家賃などユーザーの条件に合わせて自由にカスタマイズ可能となっている。

続いて、エリア分析レポートについては、特定エリアにあるAirbnbリスティング物件の物件数やホスト数、宿泊単価・稼働率・想定売上、アメニティ・レビュースコアなど詳細データが全て把握できるエリア分析レポートを自由に作成・ダウンロード可能だ。エリアは特定地点を基点として自由に半径指定も可能なため、例えば「渋谷駅」周辺3km以内のデータのように特定の駅周辺の民泊運用状況を分析できる。市区町村単位よりもさらに狭い範囲で分析をしたい場合に有用であり、民泊事業のエリア選定や競合把握に活用できる。

さらに、地域別レポートについては、BnB Insightでオンライン販売している全国47都道府県・主要市区町村の地域別レポート(税込3,240円相当)を毎月自由にダウンロードできる。地域別レポートでは、都道府県別・市区町村別の民泊物件数やホスト数、宿泊単価・稼働率・想定売上、アメニティ・レビュースコア、想定売上上位リスティングURLの一覧などが確認可能だ。レポートは毎月月初に最新版が更新されるため、常に日本全国の民泊市場の最新動向を確認することができる。

2月1日現在、フリープランとプロプランが設定されている。フリープランは、収益予測/競合分析レポートのみ月3件まで無料でダウンロードが可能である。一方、プロプランは月額29,800円で全機能使用可能・レポートダウンロード回数無制限という仕様だ。

2017年は民泊新法の制定を見越した大手企業による民泊事業への参入が相次ぎ、民泊市場のさらなる拡大が見込まれる。市場拡大に伴い、民泊不動産投資・民泊事業投資の判断や民泊関連金融商品の開発に必要となる正確なデータに対するニーズはさらに高まることが予想されることから、幅広い活用が見込まれそうだ。

【参照リリース】民泊データ分析の「BnB Insight」、定額レポート無制限ダウンロードサービスを開始 民泊事業者必見!国内40,000件超の民泊物件データに基づく収益予測・競合分析ツールを使い放題!
【サービスサイト】BnB Insight Pro

(MINPAKU.Bizニュース編集部)

minpaku_minshuku_kyokai