TATERU、TATERU bnb、TRASTAがAIで宿泊料金設定を自動化する宿泊管理システム「bnb BOOK」開発へ

株式会社TATERU(以下、TATERU)と子会社の株式会社TATERU bnb(以下、TATERU bnb)は6月12日、テクノロジーを活用して旅行者に新しい体験を提供するTRAVEL Tech事業に取り組む株式会社TRASTA(以下、TRASTA)と提携し、AIを活用して宿泊料金設定をオートメーション化する宿泊管理システム「bnb BOOK」を共同開発すると公表した。

「bnb BOOK」は、TRASTAの開発する宿泊管理システムと、TATERUとTATERU bnbが開発する宿泊料金設定をオートメーション化するAIシステムを組み合わせたものだ。これにより、宿泊予約サイトと連携した宿泊募集登録、予約管理、精算、顧客管理などの宿泊管理業務を効率化する。

具体的に、AIシステムでは、全国の宿泊データやイベント開催情報、他国の休暇スケジュールなど宿泊料金に影響を与えるデータを機械学習させることでプライシングモデルを生成し、適正な宿泊料金を推定する。「bnb BOOK」におけるプライシングモデルの生成には、TATERUが開発した「価格推定エンジン」で使用する基幹技術を転用することで、大幅な開発期間の短縮を図る見通しだ。

「bnb BOOK」を利用することで、手動では対応しきれなかった客観性・正確性の高い宿泊料金を自動で設定できるようになるだけでなく、料金設定に要していた業務の効率化とコスト削減も可能となる。

今後TRASTAは、自社でオープンする予定のホテルにも「bnb BOOK」を導入し実際に運用することで、システムの課題の発見とアップデートにつなげるという。同社はIoT連携や宿泊管理システム、宿泊業者にとって業務改善につながる機能開発を行うほか、全国にホテルを展開していく方針だ。

(MINPAKU.Bizニュース編集部)