アルメックス、Connected DesignとIoTを活用した宿泊空間のスマート化実証実験開始へ

ホテルや病院などの自動精算機・PMS・オペレーションシステム大手の株式会社アルメックス(以下:アルメックス)と、IoTに関する企画開発を行うConnected Design(コネクティッド・デザイン)株式会社(以下:Connected Design)は8月31日、2016年10月より宿泊空間のスマート化に関する実証実験を開始することを公表した。

アルメックスは、訪日外国人向けレジャーホテル紹介ポータルサイト「Loveinn Japan」の運営等、民泊事業に取り組んでおり、同実証実験は「E-stay project」の一環として行われる。これまで「E-stay project」ではマルチペイメント機能を搭載した次世代精算システム、利便性や安全性を兼ね備えたスマートキーデバイス、さらにはクラウドを利用した売上管理・顧客管理・業務管理・集客対応アプリケーションや次世代PMSの開発を行ってきた。

Connected Designは、IoTサービス用ハードウェアおよびソフトウェアの企画開発、調達および販売を行っており、ホームオートメーションや個人向けから店舗・オフィス・ホテルなどの法人向け、各種生活サービス等とのアライアンス向け等多岐にわたる。また、イッツ・コミュニケーションズが2015年2月から提供している、スマートフォンやタブレットを使って家の中を自由にコントロールできるスマートホームサービス「インテリジェントホーム」向けのIoT機器の企画開発や、アプリケーション等の企画開発を行っている。

宿泊施設に対する多様なニーズへの対応や、さらなる利便性の向上を目指し、10月より共同で実証実験を行うという。

実証実験では「宿泊施設向けIoTサービスの共同開発と検証」を行う。例えば、宿泊部屋のカギを宿泊客が保有するスマートフォンで開閉、またそれと同時にエアコンの運転のオン、オフや、VOD(Video On Demand)の閲覧内容によって照明の照度を変えるなどの対応を行う。また、アルメックスの既存顧客へ共同開発したサービスのテスト提供やE-stayシステムの提供を行う。

この実験により利用者のニーズに応えられることが確認できた場合、アルメックスとConnected Designは2018年8月末までに2,000室を目標としたスマート化を実現する見通しだ。空間のスマート化は映画の中や遠い未来のように思えるが、当たり前のものとなる時代は目と鼻の先なのかもしれない。

【参照リリース】アルメックスとConnected Design、IoTを活用した宿泊空間のスマート化に関する実証実験の開始に合意
【コーポレートサイト】ホテル・医療機関向け自動精算機・システムの最先端企業 アルメックス
【コーポレートサイト】Connected Design(コネクティッドデザイン)株式会社|IoT・スマートホーム

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai