米国個人向け保険大手のオールステート、民泊ホスト向け保険の提供を開始へ

米個人向け保険大手のオールステートは8月25日、新たにミシガン州にて民泊ホスト向けの保険サービスの提供を開始すると発表した。民泊ホスト向けに家財保護の保険サービスを提供するのは大手保険会社として初となる。

同社は、ホームシェアリングの普及に伴い、一時的に自身の部屋を貸し出すホストを保護するための新たな保険に対する需要が高まると見て、今回のサービス開始にいたった。ホームシェアリングの市場は今後数年間で4倍に拡大すると見込まれており、それに付随してホスト向け保険市場の拡大も想定される。

オールステート・ミシガン州の販売責任者を務めるGary Heslinga氏は「住宅保険は部屋の貸し出し時に起こりうる損害の多くをカバーできるものの、この保険はゲストが起こす可能性のある個人所有物の破損や盗難といった予期せぬ出費からホストを保護する上で役立つだろう」と語る。

オールステートが発表した民泊ホスト向けの保険HostAdvantageSMは、一般的な住宅所有者向け保険ではカバーしきれない部分も含むものとなっており、部屋の貸出期間ごとに最大1万米ドルまでの保険が適用される。また、この保険は同社の住宅向け保険に年間約50米ドルを追加で支払うことで適用可能とのことだ。サービス開始は2017年見込み。

また、同社は保険の申込有無に関わらず、ホームシェアリングを行うホスト向けの留意点として、家の中に貴重品やゲストの滞在時に使用してほしくない家庭用品類を保管するオーナー専用の収納場所を作ること、自宅にある個人所有物リストなどを作成し、更新を怠らないこと、同社が無料で提供している「デジタルロッカー」というツールを利用し、ネット上で自身の所有物リストを保存し管理すること、などを挙げている。

民泊の普及に伴い、日本でも今後は民泊ホストおよびゲスト向けの保険市場が拡大していくことが予想される。保険サービスは民泊周辺サービスの中でも最も期待される市場の一つであるだけに、今後の動向に注目したいところだ。

【参照記事】Allstate Offers Home-Sharing Protection in Michigan to Better Protect Those Who Occasionally Rent Their Homes

(MINPAKU.Biz 編集部 佐々木 久枝)

airhost-banner
minpaku_minshuku_kyokai